独立行政法人 日本芸術文化振興会

国立演芸場


公演を調べる
劇場施設を利用する
展示・イベントを調べる
施設案内・座席案内
所在地・アクセス方法

携帯電話から国立劇場チケットセンターホームページはご覧いただけませんのでご了承ください。チケットの購入についてはこちらをご覧ください。


携帯電話から閲覧できないファイルへのリンクを無効にしました。

劇場施設を利用する

劇場で公演等を主催したい方へ

国立劇場の各劇場(大劇場小劇場演芸場能楽堂文楽劇場)は、わが国の伝統芸能の公開・保存及び振興を目的として設立されました。独立行政法人日本芸術文化振興会では、自主公演や舞台機構整備等で必要な日程を除いた日について、劇場施設を一般の方に貸し出して幅広くお使いいただいております。
主として日本の伝統芸能の上演にご利用いただいておりますが、その他につきましても日程や内容等、それぞれの劇場の担当係までお気軽にご相談ください。
(お申し込み方法等は上段にある各劇場のリンク先から「劇場施設を利用する」を参照してください。なお申込締切後も随時空き日を受付しておりますのでお問合せください。)

 

連絡先

国立劇場(大劇場・小劇場・演芸場)施設利用係
TEL:03-3265-7411(代表)
TEL:03-3265-6793(直通)
国立能楽堂 劇場利用係
TEL:03-3423-1331(代表)
国立文楽劇場 劇場利用係
TEL:06-6212-2531(代表)
TEL:06-6212-5794(直通)

受付時間

午前10時〜午後6時(但し土・日・祝日は休み)

 

国立劇場(演芸場)使用のご案内

申込手順

(1) 使用申し込み

使用の2年前の年度の2月頃から、演芸ジャンル以外の公演に関しては使用の半年前の月から受け付けております。施設利用係まで希望日をご相談ください。

 

※「夜間」での使用の場合、舞台の演出、楽屋の使用などに大きな制限がかかります。施設利用係と十分ご相談の上お申し込みください。

 

(2) 使用申込書・計画書のご提出

ご使用が内定した方には、正式な「申込書」「計画書」をご提出いただきます。

 

(3) 予約金の納入

「申込書」「計画書」のご提出後、当劇場より予約保証金の請求書を郵送いたします。予約保証金は劇場使用料の50%です。予約保証金の納入によりご契約が成立し、承諾書をお送りいたします。
期限までに予約金が納入されない場合、ご使用が取り消されることもあります。
納入された予約保証金は、原則としてキャンセルの場合でもお返し致しません。

 

その後、公演の3ヶ月程度前に公演の詳細を記入した書類を提出していただき、担当者よりご連絡を差し上げますので、打合せを行ってください。

 

申込受付・問合せ

受付場所
日本芸術文化振興会 国立劇場 営業部劇場課施設利用室施設利用係
〒102-8656 千代田区隼町4−1
TEL.03-3265-7411(代表) TEL. 03-3265-6793(直通)
受付時間
午前10時〜午後6時(但し土・日・祝日は休み)

※劇場施設使用料等につきましては、下記をご参照ください。

 

  •   国立演芸場料金表(PDF 77.8KB)

空き日情報

国立演芸場 

平成29年度

平成
29年
4月

受付
終了

 

5月
受付 
終了
6月
受付
終了
7月

受付 
終了

 

8月
受付 
終了
9月
受付 
終了
10月
受付
終了
11月
受付
終了
12月
受付
終了
平成
30年
1月
受付
終了

2月 

         

 

3月

       

 

平成30年度

平成
30年
4月




 

5月
 

6月


7月

 

 

8月
 

9月
 

10月

11月

12月

平成
31年
1月



2月 

         

 

3月

       

 

(平成29年11月25日現在) 

 

★現在、平成29年度および平成30年度の空き日はございません。

 

★演芸は約2年前の2月頃から(受付開始日についてはお問合せください)、
  演芸以外は半年前の月の1日から申込みを受付けます。
  ただし、1日が土日の場合は直近の月曜から受付けます。

※空き日は表の左下日付の情報です。最新情報はお問合せください。
※使用内容について確認させていただきます。まずは施設利用係へお問合せください。

 

 

 

 



国立劇場
国立演芸場
国立能楽堂
国立文楽劇場
伝統芸能情報館

English
日本芸術文化振興会について
ご意見
各種お問い合わせ先
よくある質問
サイトマップ

プライバシーポリシー
このサイトについて
個人情報保護方針
ソーシャルメディア運用方針
(C) Japan Arts Council