独立行政法人 日本芸術文化振興会

携帯電話から国立劇場チケットセンターホームページはご覧いただけませんのでご了承ください。チケットの購入についてはこちらをご覧ください。


歌舞伎公演ニュース

2018年1月3日

初春歌舞伎公演『世界花小栗判官』が初日を迎えました

 1月3日(水)、初春歌舞伎公演『通し狂言 世界花小栗判官(せかいのはなおぐりはんがん)』が初日を迎えました。


初日鏡開きの様子
(左より)尾上菊之助、尾上松緑、茂木七左衞門<日本芸術文化振興会理事長>、
尾上菊五郎、中村時蔵

 初日の開演前には出演者による鏡開きが行われました。尾上菊五郎は「『世界花小栗判官』は、お正月にふさわしいにぎやかな、華やかな舞台でございます。序幕から大詰までなにとぞご声援のほど、よろしくお願いいたします。」と語りました。

 平成30年の初春歌舞伎公演は、小栗判官伝説を題材にした歌舞伎作品の決定版『姫競双葉絵草紙(ひめくらべふたばえぞうし)』を新たに補綴した『世界花小栗判官』の上演です。作品全体のテンポアップを図り、面白い趣向や演出を工夫しました。


菊五郎の盗賊風間八郎


時蔵の万屋後家お槙


松緑の漁師浪七実ハ美戸小次郎


菊之助の小栗判官兼氏

 スケールの大きな人物像が強烈な印象を与える盗賊風間八郎(尾上菊五郎)の暗躍を中心に、人喰い馬・鬼鹿毛を鮮やかに乗りこなす馬術の名手・小栗判官兼氏(尾上菊之助)の曲馬乗り、風間と執権細川政元(中村時蔵)との虚々実々の駆け引き、照手姫(尾上右近)の危機を救う小栗の元家臣・浪七(尾上松緑)の命懸けの忠義と壮絶な立廻り、判官と照手姫の邂逅がもたらす長者の後家・お槙(中村時蔵)と判官を慕う娘・お駒(中村梅枝)の悲劇など、幕切れまで舞台から目が離せません!

 『世界花小栗判官』のみどころをご紹介する動画と鏡開きの様子を近日中に公開する予定です!
 初春にふさわしい華やかさと楽しさに溢れた国立劇場の初芝居をお楽しみください。




国立劇場
国立演芸場
国立能楽堂
国立文楽劇場
伝統芸能情報館

English
日本芸術文化振興会について
ご意見
各種お問い合わせ先
よくある質問
サイトマップ

プライバシーポリシー
このサイトについて
個人情報保護方針
ソーシャルメディア運用方針
(C) Japan Arts Council