独立行政法人 日本芸術文化振興会

携帯電話から国立劇場チケットセンターホームページはご覧いただけませんのでご了承ください。チケットの購入についてはこちらをご覧ください。


大阪・文楽鑑賞教室のご案内

〜日本が世界に誇るユネスコ無形文化遺産「文楽」を学生のみなさまに〜

今から300年以上前に大阪の地で生まれ、庶民の手で育まれてきた人形浄瑠璃「文楽」は、世界でも他に類を見ない高い芸術性が評価され、平成20年11月にユネスコの無形文化遺産に登録されました。

文楽は、“太夫”“三味線”“人形”の「三業」が一体となった総合芸術です。太夫が生の声で語る義太夫節と太棹三味線が奏でる重厚な音色は人間の本質に鋭く迫り、三人の人形遣いが操る人形の繊細な動きは人間を上回る表現を可能にしています。

「世界に誇る文楽を若い世代の皆さんにご覧いただきたい。」そんな願いから国立文楽劇場では開場以来、毎年6月に「文楽鑑賞教室」を開催しております。この機会にぜひ人形浄瑠璃「文楽」をご鑑賞ください。

◆平成30年度文楽鑑賞教室 詳細情報◆

チラシ 表

文楽鑑賞教室4つの特長

1.文楽の名作・名場面を上演

初めての方でも親しみやすい文楽の名作・名場面を厳選して上演いたします。上演時間は休憩を含めておよそ2時間〜2時間30分とコンパクトです。

2.出演者によるわかりやすい解説

舞台に出演する技芸員が文楽の魅力についてわかりやすくお伝えします。文楽の仕組みやルールを事前に知ることで、作品をより楽しめるようになると好評です。