独立行政法人 日本芸術文化振興会

携帯電話から国立劇場チケットセンターホームページはご覧いただけませんのでご了承ください。チケットの購入についてはこちらをご覧ください。


トピックス

平成30年初春文楽公演開幕!鏡開きで新年を寿ぎました!!

戌年の平成30年。国立文楽劇場では本日1月3日(水)、初春文楽公演の初日を迎え、鏡開きを第1部開場前に劇場正面にて行い、新たな年と公演の開幕を寿ぎました。



満員御礼で迎えた初日

多くのお客様が続々と

国立文楽劇場担当理事水野英二、公益財団法人文楽協会の三田進一常務理事による年頭の挨拶に続いて、初春公演で襲名披露を行う六代目竹本織太夫と、本年4月に五代目吉田玉助を襲名する吉田幸助が決意を語りました。そして、千日前通りを挟んですぐの黒門市場より、正月の縁起物とされる「にらみ鯛」にちなみ、立派な二尾の鯛が届けられました。この鯛は、毎年、黒門市場商店街振興組合様と南水産物組合様よりご寄贈いただいているものです。


竹本織太夫よりご挨拶


吉田幸助よりご挨拶


立派な「にらみ鯛」を頂戴しました

そして皆さんお待ちかねの鏡開きが、文楽協会三田進一常務理事、初春文楽公演第1部『花競四季寿』に出演する吉田玉勢(太夫)・桐竹紋臣(才蔵)、竹本織太夫、吉田幸助、国立文楽劇場担当理事水野英二により行われ、お客様への樽酒の振舞いとなりました。



鏡開き

国立劇場
国立演芸場
国立能楽堂
国立文楽劇場
伝統芸能情報館

English
日本芸術文化振興会について
ご意見
各種お問い合わせ先
よくある質問
サイトマップ

プライバシーポリシー
このサイトについて
個人情報保護方針
ソーシャルメディア運用方針
(C) Japan Arts Council