独立行政法人 日本芸術文化振興会

携帯電話から国立劇場チケットセンターホームページはご覧いただけませんのでご了承ください。チケットの購入についてはこちらをご覧ください。


歌舞伎公演ニュース

2017年11月10日

中村吉右衛門ら出演者が12月歌舞伎公演への
意気込みを語りました

  12月歌舞伎公演は、古風で華やかな長唄舞踊『今様三番三(いまようさんばそう)』と、義理に厚い?客〈梅の由兵衛〉の活躍と苦衷を描いた『通し狂言 隅田春妓女容性(すだのはるげいしゃかたぎ)―御存梅の由兵衛(ごぞんじうめのよしべえ)―』を上演します。
 10月26日の取材会で、中村吉右衛門、中村東蔵、中村歌六、中村雀右衛門、中村又五郎、中村錦之助、尾上菊之助が公演への意気込みを語りました。



(左より)尾上菊之助、中村又五郎、中村歌六、中村吉右衛門、中村東蔵、中村雀右衛門、中村錦之助

  

中村吉右衛門
(『隅田春妓女容性』梅の由兵衛) 


 『隅田春妓女容性』の梅の由兵衛を初役で勤めます。梅の由兵衛は初代吉右衛門が当てた役で、副題は「御存梅の由兵衛」となっていますが、皆さんも本当に「ご存じ」のお芝居でした。初代が最後に勤めたのは約70年前(昭和23年1月、帝国劇場)、実父の白鸚が勤めた時(昭和29年6月、御園座)から約60年経っており、私も舞台はあまり憶えていないのですが、当時、「梅由」と言えば吉右衛門、吉右衛門と言えば「梅由」というくらい初代が当てた役なので、当然私もやらなくてはならない、と考えていました。今回、私なりの由兵衛像を創り上げたいです。
 梅の由兵衛は江戸の男伊達(?客)で、強きをくじき弱きを助け、信義に厚く、そのためには命も惜しまないような人です。?客の基はいわゆる「傾(かぶ)き者」で、彼らがだんだん?客になっていくらしいのですが、私も「傾き(歌舞伎)者」でして、そこが由兵衛と私の共通点だと思います(笑)。見どころの中心となる「長吉殺し」は凄惨な場面ですが、殺しの中にも美しさや哀れさが感じられて、由兵衛にも同情してもらえるように演じたいです。
 久しぶりの上演ですが、この作品を「通し」で上演すれば、お客様により理解していただけるはずです。実父の白鸚が残した談話に、「並木五瓶さんは上方から江戸に出てきた方で、また、吉右衛門も先祖が上方、江戸(東京)で生まれ育った人ですので、上方と江戸両方の血を受けた初代がこの由兵衛をやるのはまったく相応しい、何もしなくても由兵衛が両方の味を持ち合わせた人間に創り上げられ、江戸と上方の“におい”のする芝居になっている」とあります。さて、自分を振り返ってみますと、私は東京で生まれ育っておりますので、上方の味というのはなかなか難しいのですが、先人の(三代目市川)寿海のおじさん、(二代目中村)鴈治郎のおじさん、(十三代目片岡)仁左衛門のおじさん、(三代目實川)延若のお兄さん、そういう方たちを思い浮かべて、上方の感じをうまく取り入れたいです。
 

  

中村東蔵
(『隅田春妓女容性』信楽勘十郎) 
 

  信楽勘十郎は、いわゆる捌き役、“ジョーカー”みたいな役で、困った時に出てくるような、非常に良い役を勤めさせていただきます。六代目尾上菊五郎さんや、八代目市川団蔵さんなど、多くの方が演じていますが、私が団蔵のおじさんに抱いているイメージ等を活かして役に近づいていけばよいのか、別のやり方もないかと、模索している最中です。吉右衛門さんは、ご自身が初役なので「どなたも御存じない梅の由兵衛」と仰いましたが、この上演を機会に、皆さんが「御存じ」になるような良い芝居にしたいです。
 


国立劇場
国立演芸場
国立能楽堂
国立文楽劇場
伝統芸能情報館

English
日本芸術文化振興会について
ご意見
各種お問い合わせ先
よくある質問
サイトマップ

プライバシーポリシー
このサイトについて
個人情報保護方針
ソーシャルメディア運用方針
(C) Japan Arts Council