独立行政法人 日本芸術文化振興会

携帯電話から国立劇場チケットセンターホームページはご覧いただけませんのでご了承ください。チケットの購入についてはこちらをご覧ください。


トピックス

【12月文楽鑑賞教室・文楽公演】初日を迎えました!


 12月7日(木)、12月文楽鑑賞教室・文楽公演が初日を迎えました。

 文楽鑑賞教室では、幕開きに『日高川入相花王』渡し場の段を上演。続いて、初めて文楽を見る方にわかりやすく文楽をご紹介する『解説 文楽の魅力』です。太夫・三味線・人形遣いという文楽の舞台を勤める三業が登場し、それぞれの役割について解説します。



『解説 文楽の魅力』

 解説の後には、『傾城恋飛脚』新口村の段を上演。江戸時代の宝永(1704〜1711)の頃に起こった横領事件を題材にした作品で、近松門左衛門の作である『冥途の飛脚』の改作です。遊女・梅川と深い仲になり、ついには公金に手をつけてしまった飛脚屋の養子・亀屋忠兵衛。死を覚悟しながら逃げてきた故郷の新口村で、実父の孫右衛門と対面を願いますが……。罪人となった息子とその妻を迎えた孫右衛門の葛藤、そして、息子夫婦との心の交流が描かれます。



新口村の段

◆◆◆


 文楽公演は、源平の争乱における源義経の木曾義仲討伐から、一の谷の合戦までを題材にした時代物『ひらかな盛衰記』を上演しています。今回は木曾義仲の敗北後、義仲の遺児・駒若君をめぐり、騒動に巻き込まれる船頭一家の悲劇と、武士道を貫こうとする義仲の家臣・樋口次郎兼光の生きざまに焦点を当てた上演です。



義仲館の段

 朝敵と見なされた義仲。愛妾の巴御前が宇治川の戦いで鎌倉方によって味方が敗れたことを知らせます。義仲はもはや最期と覚悟を決め、正室の山吹御前と駒若君を腰元お筆に託して出陣します。この「義仲館の段」は、昭和63年(1988)9月公演以来の上演です。



国立劇場
国立演芸場
国立能楽堂
国立文楽劇場
伝統芸能情報館

English
日本芸術文化振興会について
ご意見
各種お問い合わせ先
よくある質問
サイトマップ

プライバシーポリシー
このサイトについて
個人情報保護方針
ソーシャルメディア運用方針
(C) Japan Arts Council